2010年10月13日

良い子

自分のお子さんを評価するのに、他人の意見が関与していませんか?
(「評価」という言葉は少し事務的過ぎる表現ですが御勘弁を)


イジメられていること、お子さんは貴方に、相談できていますか?

お子さんは、「イジメられっこ=悪い子」と考え、親の前では良い子でいようとします。


貴方は、お子さんに、「良い子」でいることを強制していませんか?

自分の思いを押し付けてはいませんか?それは、貴方がしたいことではないのですか?


その思いは、家族では無い誰かの目に映る「貴方自身の世間体」ではありませんか?


「良い親」を演じていませんか?


「良い子」と「素直な子」は、別です。

もし、貴方のお子さんが「良い子」を演じているならば、

素直なお子さんでいられるように、育ててあげてください。


他人さまの目に、奇妙に映っているのでは?と、

貴方が気にされるのでしたら、


貴方のお子さんでしょ?

素直なお子さんを擁護し、胸を張って

守ってあげるのが、親の役目ではないでしょうか。


その、家族では無い他人様の目を気にされる姿が子どもの目に映り、

家族でありながら、

他人以上の「裏切り」を感じさせてしまうのです。


勉強が他の子より・・・

運動が他の子より・・・

体格が他の子より・・・


すべての問題は、親である貴方に原因があります。

厳しい言い方ですみません。


でも、このことをしっかりと受け入れられたら、

すべてがうまく行くようになります。


お子さんを信じていないのは、

他の誰でもない、

貴方なのです。
 


posted by とっち at 23:52| Comment(0) | 人生相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



石巻ボランティア活動
より大きな地図で 災害救援 森の楽園 活動地図 を表示

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。