2010年02月11日

陸奥国分寺柴灯大護摩供

陸奥国分寺七日堂修正会柴灯大護摩供(火渡り修行)

御本尊御開帳の後、修験行者様による柴灯大護摩供、火渡りの御修行です。

・・・作法の最初から結界の外から“(ごにょごにょ)早やれぃ(ごにょごにょ)”と頗る大声の野次。野次ですよ、野次。

どうなっているんだか。

意にも介せず先達様の所作は続き、火渡りまで滞りなく。


“なんだありゃ、罰が当たるぞ”と、野次朗さんを前に座した信徒さん。


いえいえ、既に罰はあたっておりますよ。

これだけの大勢の前で、


あなたの子は

あなたの親は

あなたの孫は

あなたの兄弟は

あなたの旦那は

神聖な境内の神仏の前で表されているのですから。

そして、

大勢の皆さんに見られているではありませんか。

また相変わらず余計なことを言ってしまいまし(汗)



どこにも書いていませんよ、そんなこと。

だから、怖いのですよ。知らないことは。

嘘をついた苦しみから逃げる一番楽な方法は、相手を嘘つきにすることです。

朝、顔を洗うときに鏡を見て、昨日は正しいことを口にし正しい行動をし正しいことを懐いたかを思い、今日一日また正しく生きようと思います。


posted by とっち at 23:33| Comment(0) | いらっしゃいませ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



石巻ボランティア活動
より大きな地図で 災害救援 森の楽園 活動地図 を表示

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。