2009年11月29日

消防団、あたくしも高齢者

消防本署隊と合同訓練

 バキボキと鳴る乳酸溜まりまくりの足腰を引き摺りながら青葉署で本署隊と折立分団との合同訓練。防火水槽に吸管を放り込み、C級ポンプを2台連携、本署隊のポンプ車に連結しての消防防衛訓練です。あれ?年代もののポンプ、真空のオイルタンクキャップからオイルが噴出しました(汗)。シールがぶっちゃけてるのかな、とほほ。

27日発表の総務省消防庁消防白書。公務員さんや団体職員、会社勤めの方々が消防団構成員の7割を超えたそうな。地域性でかなり左右されると思うけど、都市部だと自営業者さんも店貸し大家さんが増えていて住まいは郊外、ってことも珍しくないから、職住居のドーナツ化がここにも出てるのかな。

他には、消防団員の構成年齢が、40歳以上が40%を超えて高齢化が進んでいます、と。うん、そうだ、確かに、んだんだ、んだよ。平均年齢を押し上げる年代なんださ、とっちおんちゃんは。あ?知らなかった?再来月1月で42歳だよ。
 


posted by とっち at 21:24| Comment(0) | 何をかいわんや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



石巻ボランティア活動
より大きな地図で 災害救援 森の楽園 活動地図 を表示

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。