2008年01月10日

マイノリティ・チェンソーアートリポート

 昨年の夏、中学校生活最後の自由課題で長女と一緒に取り組んだ“チェンソーアートカービングリポート”が、いよいよ入試卒業時期を前に学校から戻ってきた。頼まれていたコピーを数部作っているうちに半年前のことが瞼の裏によみがえってきた。

チェンソーアートカービングレポート

夏休み前に軽い気持ちで“やってみるか?”と声をかけたらニッコリと一発返事で“やってみる!”と応えた。妻とも相談し、大事な15歳の夏のことをずっと思い出に残せたらと、チェンソーを持たせてカービングをやらせることにした。

僕自身はその時チェンソーカービングを始めて半年あまり、やりかただって我流だけれど初めての生徒さん相手に真剣になって取り組んだ。娘にしろ僕にしろ互いに思い出に残る夏にしたかったんだと思う。

15歳の夏-チェンソーカーバーAYA

もうすぐ彼女は人生で初めて自らの手で路を切り開かなければならない戦いに挑む。

合格を祈願して“必勝ダルマ”でも彫るかな。


posted by とっち at 21:15| Comment(0) | 蔵王の1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



石巻ボランティア活動
より大きな地図で 災害救援 森の楽園 活動地図 を表示

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。