2006年01月28日

枯れても愛らしい

 タンポポの綿毛のような毛をまとった種が無くなると、なんだか愛らしい様相になるのは真冬のオヤマボクチです。

動物の毛のように見えますが、枯れたオヤマボクチです。枯れてなおその姿を美しいものとする嗜好の分野では、どのような評価になりますかね。

真冬のオヤマボクチ


posted by とっち at 13:30| Comment(0) | 蔵王の1月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。



石巻ボランティア活動
より大きな地図で 災害救援 森の楽園 活動地図 を表示

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。