2005年12月03日

コブシの初冠雪

 木々の落葉を待たずして雪化粧となった中で、ちゃんと冬支度をしていたのはコブシの花芽です。

ふわふわの毛皮をまとっているのでネコヤナギと誤解されることがあります。小指の先ほどの小さな芽ですが、春になると拳大(こぶしだい)の淡い桃色の花を咲かせます。

コブシの初冠雪


posted by とっち at 07:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 蔵王の12月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック



石巻ボランティア活動
より大きな地図で 災害救援 森の楽園 活動地図 を表示

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。