2010年05月01日

宮城県蔵王自然の家

宮城県蔵王自然の家でチェンソーアート

 宮城県蔵王自然の家でチェンソーアートカービング。“蔵王で発見!体感!!感動!!!−春−”の公募で御参集いただいた御家族と少しの時間を過ごさせていただきました。

これから始まる自然の家での2日間、存分に自然を楽しまれることでしょう。

この丸太は杉、この蔵王の森の中で育った杉です。春先に鼻がグズグズしたり目が痒くなったりする杉です。

始めは寸胴であった杉丸太が、こうしてフクロウを象った作品に生まれ変わりました。この作品の姿を御覧になって、命が吹き込まれた、命が生まれたと感じて下さっていたら嬉しいです。

丸太の中には、こんな宝物が隠されていたんですね。何もないような森の中にも、実は宝物が沢山隠されています。

うちには高校生、中学生、幼稚園と3人の子供がいます。毎日毎日目が回るような忙しさで生活も楽ではありませんが、それぞれの子を授かって、それぞれ初めての子育てで楽しんでいます。子育ては大変ですが、まだまだこれから、子供たちの中に、どんな宝物が隠されているか、保護者の皆さんもとっても楽しみなことでしょう。どうぞ、親としても成長させてもらいながら、子供たちが持っている宝物をしっかりと、そっと優しく見守って行きましょう。

今日、こうして集まられた皆さんは、それぞれ初対面でいらしゃるとのことです。森は沢山の種類の木が集まって、やっと森になれます。森の木は、1本だけでは風雨に負けて枯れてしまいます。背の高くなる木、低いけど横に枝を伸ばす木、細いけど絶対折れない木、太いけど柔らかくて綺麗な木目の木、様々な個性をもった木々が集まっているからこそ大きな森になれます。互いの家族を思い遣って楽しい思い出を作ってくださいね。

今日は楽しい時間を私にも分けてくださって、ありがとうございました。

あ、写真、撮ってなかった(汗)


posted by とっち at 23:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



石巻ボランティア活動
より大きな地図で 災害救援 森の楽園 活動地図 を表示

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。