2009年02月25日

焼肉高麗長町店

焼肉高麗長町店

 早速行ってみたよ。お面は付けないで。

美味かった〜っ!レバ刺しは抜群の鮮度で申し分なかったんだけど、冷麺も特製ツケダレのお肉も、抜群の美味さでした。早めの時間に行って良かったです。

店長、ありがとうございました!
posted by とっち at 21:32| Comment(0) | いらっしゃいませ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カービングフェスタin仙台の概要


現在のところ、以下のように進めています。

○ カービングフェスティバル in 仙台新緑祭(仮称)

○ 会場 勾当台公園・西公園

○ 期日 2009年4月25日(土)・26日(日)

○ 次第 〔仙台市〕〔事務局〕調整中

○ 人員
   ・10名のカーバーが参加予定(2月24日現在)
   ・〔 未定 〕お手伝いスタッフ募集中(清掃や案内など)

    ※ケガや事故などは自己責任とし、主催者関係者に一切求めないことを
     確約したうえでの御参加とさせていただきます。

○ カービングブース
│  ・〔仙台市〕〔事務局〕勾当台公園と西公園の使用方法を調整中

│   ※4月25日は、勾当台公園市民広場のグリーンハウス勾当台前、
│    4月26日は、西公園を予定。

├ カービング用材(丸太)
│  ・〔事務局〕直径40cm〜60cm・380cmの青葉ケヤキ幹1本。(公益施設寄贈用)
│  ・〔事務局〕直径20cm前後・50cm前後の青葉ケヤキ枝10本。(以下、オークション用)
│  ・〔仙台市〕アカシア・サワラ(椹)・桜・松など直径40cm前後、4m材10本。
│   ※会期直前に地下鉄工事に伴い、西公園等で伐採される予定のもの
│    伐採現場での切り分け・搬出が必要です。別途ユニック車レンタル予定。

├ カービング用材(切り株)
│  ・〔事務局〕切り口直径40cm〜60cmの青葉ケヤキ株7個。
│   ※鉄筋入ブロックや石が食い込んでいます。
│    ご希望の方から予め御連絡を頂いたうえで会場へ搬入します。

├ カービング用材(ベンチ板)
│  ・〔 未定 〕
│   ※上記丸太より各人製材。
│   ※〔求む現物、資金協賛〕

├ 防護ネット
│  ・〔高取CC〕滋賀県高取チェンソーCLUB様より借用
│   ※数量については、参加カーバーの人数により変動

├ ブルーシート
│  ・〔事務局〕2×3間#3000を10枚用意

├ 2×3テント
│  ・〔仙台市 ※調整中〕2×3間テントを6張り用意予定
│   ※不調の場合は事務局にてレンタル。〔求む現物、資金協賛〕
│   ※使用テント数量は今後の人員や会場の調整具合により変動。

├ ポール
│  ・〔事務局〕カービング防護ネットの支柱用として、高さ2mを10本

├ 鉄筋
│  ・〔事務局〕支柱の固定用として、30cmを10本
│   ※地中打ち込み用なので、石畳の勾当台公園部署には不要。

├ ネット掛けフック
│  ・〔事務局〕番線を使用
│   ※切断切り分け用のペンチ等忘れずに。
│ 
├ 養生テープ
│  ・〔事務局〕ブルーシート目張り用10巻

├ 電源コンセント
│  ・〔事務局〕テント1張りにつき1箇所で調整中
│   ※不調の場合は発電機レンタル。

├ 木っ端、オガ袋
│  ・〔事務局〕ガーデンバッグ(木っ端用)10袋
│  ・〔事務局〕土嚢袋(オガ用)100袋
│   ※その他、ビニール袋を用意し会場で配布

├ 作品展示、販売ブース
│  ・上記2×3テントのうち1張り、休憩時にも使用する旨で調整中。
│  ・自己申告で販売金額の20%を運営費へのご協賛をお願いします。

├ オークション
│  ・1日1作品以上をオークションへ御提供ください。
│   ※5000円を上限に落札金額の50%をご協賛ください。
│    例:オークション金額25,000円の場合、5,000円を協賛金。

├ カービング資機材
│  ・チェンソー等の工具、メンテナンス機材類、またこれらに掛かる
│   消耗品は各自でご用意ください。
│   ※チェンオイルは、オガ再利用のため植物性バイオオイル指定。

└ 運搬車両
   ・〔事務局〕24日(金)〜26日(日)の3日間、ユニック車をレンタル予定。
    ※〔求む現物、資金協賛〕


○ 宿泊
   ・〔有志一任〕秋保 木の家を紹介予定
    ※〔求む現物協賛〕

○ 食事
   ・〔 未定 〕
    ※2日間、会場での昼食はスタッフ分も含めて仕出弁当を検討。

   ・朝食、夕食は宿泊場所によって変更があるため未定。
    ※25日(土)の夜はウェルカムパーティー(?)。
    ※〔求む現物、資金協賛〕

○ 駐車場
   ・〔仙台市〕〔事務局〕会場付近に駐車スペースを確保できるように調整中。

○ フェスタパンフレット
   ・〔 未定 〕デザインからDTPまで有志の御協力をお願いします。
    ※〔求む現物協賛〕

○ 開催記念品、Tシャツ
   ・〔 未定 〕
    ※〔求む現物協賛〕


※〔  〕は進行中の御担当所、〔 未定 〕は未着手事案

現在のまでに把握している事案を列挙しました。
これ以外にも多くの課題があると思います。

ご協力いただける案件、不足肉付けの必要がある案件を是非お知らせくださいませ。

posted by とっち at 13:33| Comment(0) | ぼくたちの百年の杜プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

仙台青葉通りケヤキで簪

仙台青葉通りケヤキで簪

 仙台青葉通りのケヤキで作った“簪”。遠目で見ると、食器の“箸”・・・。よく目を凝らしてみると“かんざし(簪)”

指先が剥けるので、またしばらくのお休みです。

指先の回復にも時間がかかる・・・老化でございますね。
posted by とっち at 18:47| Comment(0) | ぼくたちの百年の杜プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

池中玄太80キロ

つがいの鶴

 鶴は生涯同じパートナーと過ごすとか。来月までに体重を絞りにに絞って、つがいの鶴にしましょうね。
posted by とっち at 14:11| Comment(0) | チェンソーカービング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

仙台青葉ケヤキのネームプレート

仙台青葉ケヤキのネームプレート

 開催発表からずっと楽しみにしていた“チャリティコンサート〜Dream Chain〜2009〜子どもたちに夢を”・・・。

主催は、みやぎびっきの会で、中村雅俊さん、さとう宗幸さん、稲垣潤一さん、小柴大造さん、遊佐未森さん、かの香織さん、山寺宏一さん、小川もこさんと、宮城県出身の名だたるアーティストのチャリティコンサート。2月21日16時から。

日付、間違っていました。・・・いいえ、コンサートの日付は覚えていたのですが、産直市場みんな野の店番の日付を翌日の22日だと勘違い。店番を終える頃にはコンサートの幕も上がり・・・。

・・・さてさて。

仙台青葉通りのケヤキでネームプレートを手作り中。

♪・・・だけど 僕には ピアノが無い・・・♪

ケヤキ素材はありますが彫刻機は持ってません。フェスタに参加してくださる方々の記念にしたいけど。

ちなみに真ん中のバッヂは、仙南中央森林組合さんから去年頂いたものです。

♪・・・心は いつでも 半開き・・・♪

はんこ屋さん、ご協賛募集中です。
posted by とっち at 20:11| Comment(0) | ぼくたちの百年の杜プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

長靴は私の性能をアップする

向こう三軒両隣、つないでみようバリアフリー

 街中にもたっぷりと降り積もった今朝の雪。先月降った時は、除雪されなかった歩道が数日に渡って凍り付き、大変だったのです。

雪って言うのは、ただ降っただけなら天気が良ければ直ぐ解けるんだけど、歩道で踏み固まっちゃうと気温が上がらなければ解けないで氷になってしまう。

大雪だと気付いたのが寝起きにカーテン越しの雪景色を見たとき。慌てて朝食もとらずに出かけたけど既に遅し。そりゃ7時も過ぎれば通勤通学で人も出歩く。午後には雨になって、放っておいても解けるみたいだよとご近所様。まぁそれはそれ、今は朝の通勤通学の人が狭い雪道で難儀しないようにするだけです。

とりあえず、踏み固まる前にラッセル車の如くガガアッガガァーっと雪を跳ね除けておき、後へ続く人々の導線を作る。そうしておくと、街の人は新雪を踏まずにそこを通る。多分平均台程度に細く雪をかいたりしても、そこを通る。蟻さんと言っては失礼かもしれないが、蟻の行列のようにそこだけを歩く。蟻は道しるべホルモンを分泌するらしいので、とっちが雪掻きをした後には・・・あ、加齢臭か。

んで、クールダウンを兼ねて誰の足跡もないところをダラダラと雪かき。いわば道無き道を進んでいるのが傍目にもわかるので、この導線には人が入ってこない。お陰で通行する人をスコップで殴打したり突き刺したり放り投げたりすることもない。何百人とすれ違う中で何人かは声を掛けてくれたりして、ラッセル車の動きにも好影響が出る。うおぅおおぉ〜っ!

パンプスに近い履物の人も通れば、ウレタン長靴の人もいる。長靴の人は、あんまり道しるべを気にしないで歩けてる。


色々な人が住み、通り行く街。点字ブロックの上を除雪ながら思い、今日の一枚の写真に思いを込めた。除雪は別に職務でもないけれど、向こう三軒両隣、みんな違ってそれでいい。このラインが繋がってゆくと良いなと、僕は思う。繋がる街にしたいと思う。繋がる街に住みたいと思う。繋がる街に関わりたいと思う。


そう、“長靴は 私の性能を アップする”。この『TOKIのことば』=現代の曼陀羅からの1TOKI。ときたま商店のリストにあるTOKIのことばを集めた“ときもどき”。お勧めです。

長靴を履くことによって、例えば・・・、子どもが水溜りに入りたがるように、“汚れ”を気にしなくなるため“性能”がアップするという考えもかな。

また、長靴という“存在”を認識し意識することによって、その“存在”に頼らずに済む自らの“能力”=“性能”をアップできるという考えもある。要は依存心のようなものかな。

そこのボクちゃんは、帽子を被ると性能がアップするらしいね。
posted by とっち at 12:56| Comment(0) | 消防・清掃・ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

第四代横綱、谷風

第四代横綱、勾当台公園の谷風像

 仙台の勾当台公園にある第四代横綱、谷風の立像。勾当台公園は仙台市役所南向かいの市民広場と、野外音楽堂のある宮城県庁南向かいの勾当台公園があります。

第四代横綱、勾当台公園の谷風像

谷風像は写真右手に見える宮城県庁側の勾当台公園にあり、写真左手に見える仙台市役所の方角を見るように建っています。

よく“視線の先”を意識して建てられたりすることがありますが、この谷風像の視線には何かのメッセージがあるのでしょうか。なんて都市伝説?
 
posted by とっち at 23:58| Comment(0) | ぼくたちの百年の杜プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

ウサギのプランター

ウサギのプランター:チェンソーカービング

 2009年4月25日・26日のカービングフェスタ仙台。基本、何の考えもありません。基本、資金ありません。とりあえず今現在。

会場・電源 ⇒ なんとかなりました。勾当台公園と西公園。
丸太・ベンチ板 ⇒ 地域材のPRを兼ねた提供者を探す。
設営資機材(シート・ネット) ⇒ 協力者を探す。
撤収資機材・運搬 ⇒ 協力者を探す。
ポスター・パンフ・Tシャツ・記念品等 ⇒ 制作者、提供者を探す。
MC ⇒ 心当たり有り。
スタッフ ⇒ 心当たり無し。

基本、自分が何を出来るか、自分の出来ること見つけて行動する。

はんこ屋さんも参加できる。ケヤキのプレートで名札が作れる。

婦人会さんも参加できる。炊き出しをして参加が出来る。

参加することに関して、見返りにあたるものはありません。

誰も儲からないけど、誰もが心は豊かになれると思います。

金銭的な出し前のある資機材の協賛者さんへは、僕の作ったベンチや作品を記念に進呈します。

仙台青葉通りのケヤキを植樹した先人が、見返りを求めて植えたもので無かったように、今の時代でもやってみたい。
 
posted by とっち at 01:17| Comment(0) | ぼくたちの百年の杜プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

兎追いし彼の山

ウサギのプランター:チェンソーカービング

 子どもの頃は悪ガキ連中でよく霞城公園にある山形県立博物館へ行っいてた。なんで遊び場が博物館だったのか思い出せないけど、怖いもの見たさのようなものだったのかな。

随分と前のことであまり覚えていることは少ないけど、館内の民俗資料の一つに幸せを呼ぶ(?)という“ケサランパサラン”が展示されていた。ググッたら昨年末に見学した方のブログがあったので、少なくとも30年以上は展示されているんだと6ヘェヘェ。

展示されていた“ケサランパサラン”は、兔の毛で作った真ん丸のキーホルダーに似ているような感じ・・・だったと思う。でっかいタンポポの綿毛のような感じかな。桐箪笥の奥で白粉(おしろい)を食べているらしい。諸説ある中に、猛禽類によって食いちぎられた毛の付いた肉片が乾燥して丸くなるんだそうな。

“ケサランパサラン”欲しぃ〜ずぅ、とか言ってたっけ。幸せの御守とか呪術的というか根付文化というか、なんか、手に収まるちょっとしたものを大切にすることって、あったり・・・する?

ケータイにはストラップが欠かせないとか、家の鍵や車の鍵に、鍵じゃない他のアクセサリーを付けちゃうとか。

煙管や印籠に付ける根付。時代は変わりストラップに。

文部省唱歌の“故郷(♪兔追いし彼の山)”。唱歌の中には歌詞に出てくる風景が次第に無くなり語訳が現代では難しく使われないなどの理由で教科書から消えいるものもある。
 
posted by とっち at 20:56| Comment(0) | チェンソーカービング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月08日

仙台青葉通りケヤキで消防マスコットまさむねくん

仙台青葉通りケヤキで、消防まさむねくん出場!

 “まさむね”くんは、いつかぼくも消防車に乗って、困っている人を助けたいと思っていました。最初は格好から興味を懐いたのかもしれませんが、お父さんやお母さんから消防吏員の職責を聞かされているうちに、そう願うようになった、僕はそう思います。

知らずうちに誰かの憧れの対象となる。知らずしてその責を負う立場にある。地位が人を育てるとはそういうことだと、僕は思います。
 
posted by とっち at 21:01| Comment(0) | 消防・清掃・ボランティア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

RESCUE 特別高度救助隊 〜オレンジの誇り〜

仙台消防基礎訓練(放水)

 積もらないまでも時折激しい雪の舞う日曜日。青葉消防署で新任団員研修。雪が降ろうが雷が鳴ろうが、有事はお構い無しだから天候を言うのは無意味。至極当然。

今日は座学や実施、隊列訓練の研修を受けました。もう現場も経験済みだからなどというのは安易なこと。礼式から防衛の基本動作は繰り返し行い自然体で出来るようになっても、基本動作と思考は初心に立ち返って繰り返し行ってゆく必要、それこそが必須訓練。すなわち慣れや過信、気の緩みが招く無益な障害。

TBS系列“RESCUE〜特別高度救助隊”、人命の救助に自らの命を賭す、といっては駄目なのか。生きて必ず還るのも特救隊。消防署職員の皆さんは一番市民の身近でありながら、その任務にあって命という側の遠い存在。またその中でもオレンジのツナギは、非情な状況下に入って人命を救出する任務。

僕は、5キロ圧のノズルを耐えた隊員のホース巻きだけでも手伝いたいのです。
 
posted by とっち at 20:45| Comment(0) | ぼくたちの百年の杜プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

仙台青葉通り欅で仙台消防まさむねくん

仙台青葉通りケヤキで消防まさむねくん

 仙台青葉通りの欅を使って仙台市消防局のマスコット“まさむねくん”を意識して彫刻。

毎朝8時半、消防署では勤務交代が行われ、消防車両や救急車などの緊急車両の点検も行われています。赤色灯やサイレンなども吹鳴(すいめい)します。

朝の8時半ですから、通勤通学途中で消防署の前を通るかた以外には、あまり出遭う機会はないかも知れません。

仮に、ある男の子を“まさむねくん”とします。仙台市消防局のマスコットキャラクターまさむねくんとは別です。

私が“まさむね”くんの存在を知ったのは、たまたま防衛訓練で署の訓練塔に居合わせていたときの事でした。他の近所の子どもたちと一緒に、パジャマ姿でお母さんと一緒に来ていました。

“まさむね”くんは、消防署の近くに住む未就園児。日曜日や祭日などに関係なく、毎朝行われる勤務交代の時間を楽しみにしているそうです。

指揮者の指示点検の動作に合わせ、消防車や救急車が赤色灯を回したりサイレンが庫内に響くのを見て目を輝かせます。

ある日、お母さんだけが朝の交代時間に来て、“まさむね”くんが書いた手紙を隊員へ手渡しました。
 
posted by とっち at 20:10| Comment(0) | ぼくたちの百年の杜プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青葉通り欅でヒョウタンとコマのストラップ

仙台青葉通りの欅で瓢箪と独楽のストラップ

 “ヒョウタンとコマなら1本のセットにしたら?”と。ことわざにある“瓢箪からコマ”のコマは、くるくる回る独楽(コマ)じゃなくて馬の駒(コマ)。

瓢箪も独楽も、どちらも縁起物。時節柄一本立ちする独楽が良いかも。
posted by とっち at 19:30| Comment(0) | ぼくたちの百年の杜プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バッケ味噌と行者にんにく味噌

屋内栽培、早生の行者にんにく

 春遠からずの雪の下では少しずつ芽吹く準備が進んでいる。ここいらでも1月の中頃から、寒さが緩み雪が解けた隙間からフキノトウの芽が摘まれバッケ味噌が作られる。

芽出しまでの累積時間を屋内で稼いだ行者にんにくは、寒さの鍛錬がなくて香りが少ない感じ。

それでも軟らかい歯応えと辛過ぎない味わい。青臭さのない若い芽は万人向けで生食も美味しい。
 
posted by とっち at 19:06| Comment(0) | 蔵王の2月 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

見て聞いて感じて救命講習

救命講習

 もしもし、<トントントン>大丈夫ですか?

もしもし、<ポンポンポン>大丈夫ですか?!

もしもし、<パンパンパン>大丈夫ですか!!

意識無し。

誰か助けてください。あ、あなた、119番通報、救急車を要請してください。あなたはAEDを探して持ってきてください。

見て聞いて感じて、4、5、6、7、8、9、10。

呼吸無し。

心肺蘇生を始めます。

人工呼吸2回。

胸骨圧迫30回。

人工呼吸2回。

胸骨圧迫30回。

人工呼吸2回。

胸骨圧迫30回。

・・・

・・・AED持ってきました!

ありがとうございます。貴方はAEDを使えますか?

心臓マッサージは出来ますか?

では救急車の誘導をお願いします。


AEDを使用します。

ペースメーカー無し。貼り薬無し。濡れ汚れ無し。

電極パッド装着良し!

心電図検査をします。離れてください。

電気ショックをします。離れてください!

ドン!

胸骨圧迫100回/分を再開。

・・・ピーポーピーポーピーポー。

救急車到着。


何が出来るかを探すこと。
posted by とっち at 22:39| Comment(0) | 何をかいわんや | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする



石巻ボランティア活動
より大きな地図で 災害救援 森の楽園 活動地図 を表示